フェカリス菌FK-23とは?

健康なヒトの腸内に多く常在する乳酸菌で、FK-23はフェカリス菌の優れた働きを最大限に引き出した乳酸菌です。また、フェカリス菌の様々な株の中でもFK-23は多くの特許を取得している濃縮乳酸菌です。一般に乳酸菌食品には生きた乳酸菌が含有されていますが、長年の研究により「加熱処理した乳酸菌」のほうが安全性と働き・活性が強いことを解明しました。
免疫力が生菌体に比べ3倍強まることが明らかになっています。


 
 
 
 

フェカリス菌FK-23の機能(特許取得)

 

FK-23は、生体内で優れた吸収性を示し、身体中の免疫細胞に働きかける作用があります。そのため、様々な有用性が期待できます。

■・・・特許取得

白血球の機能を高め、白血球数を増やす

ガンを退縮させる

ガンの増殖を抑制し、副作用を軽減する

肝機能を改善させる

感染症を予防する

お腹の調子を整え、善玉菌を増やす

腸内細菌とFK-23

 

生きたビフィズス菌や乳酸菌を含む飲料を飲んだり、ヨーグルトなどの乳製品を食べると、腸内環境を整えて健康に役立つ、というのは間違いではありません。「生菌」摂取によるメリットとして善玉菌が増えることで、腸内環境が酸性に向けることができます。(腸内フローラの世界を参照)
しかし、単に摂取するだけでは、効果性にデメリット面が生じるケースもあります。それは、ビフィズス菌や乳酸菌は酸に弱く、腸に届く前に胃液の中で大半が死滅してしまうからです。
現在では、胃液や胆汁の酸で死滅させないで、腸の中にビフィズス菌や乳酸菌を送り込む研究が進んでいます。しかし、腸にたどりつけたとしても十分に増殖するのは難しいことには変わりありません。
そこで、乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK-23乳酸菌です。乳酸菌FK-23を特殊加工をすることにより、乳酸菌の菌体内成分が他の善玉菌のエサとなり、著しく腸内の善玉菌を増殖させるということが研究により分かったのです。
ビフィドバクテリウム、エンテロコッカスは100倍以上、ラクトバチルスは1,000倍以上の増殖作用が見られました。O-157・赤痢菌などの食中毒菌の抑制や便秘などの改善に期待ができるでしょう。