腸内フローラの世界

私達のおなかの中には、たくさんの細菌が住みついています。腸内に住む菌は、腸内細菌といい、種類は約500種類、その数は、約100兆個にもなります。
重さにすると1.5キログラムから2キログラムにもなります。私たちの腸の長さは約10メートルです。それを広げるとテニスコート1面分にもなります。そこに、まるでお花畑のように腸内細菌が生息しています。
 
これら多種多様な細菌の集団を植物が群れている様子(叢・くさむら、フローラ)になぞらえて、「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」、あるいは「腸内フローラ」と呼んでいます。「フローラ」とはお花畑を意味し、細菌類が作る集落が色鮮やかで、形がとてもきれいだからです。
「腸内フローラ」が美しいのは、腸内細菌類が「縄張り」を主張しているからです。新たに侵入してきた菌に対しては、「腸内フローラ」を形成している細菌類が盛んに攻撃を繰り返します。「腸内フローラ」間の緊密な連携によって免疫系が活性化しており、それが病原菌などの新たに侵入してきた菌を排除しているのです。
 
1個1個の腸内菌は、肉眼で見ることができないほど小さな生き物ですが、100兆個(ヒトの体細胞数は約60兆個)にもなると、人の健康にさまざまな影響を与えるようになります。そこで、腸内菌をその働きや人体に対する影響から分類すると、乳酸菌などのような有用菌(善玉菌)、ウェルシュ菌などのような有害菌(悪玉菌)、そしてどちらにも属さない中間の菌(日和見菌)に大別できます。
 

 
 
前述の通り、私達の腸内には、約500種類・約100兆個もの腸内細菌が存在し、体に良い作用をもたらす「善玉菌」と悪い作用をもたらす「悪玉菌」、そして両方の働きをする「日和見菌」の3つに大きく分類されています。
善玉菌と悪玉菌は、腸内という限られた空間の中で常に熾烈な勢力争いをしており、日和見菌は優勢な方に味方します。これらのバランスが腸内環境の善し悪しを左右しているのです。
腸内にある悪玉菌が増えやすいのは腸内環境がアルカリ性のとき。悪玉菌は酸性の環境を嫌い、アルカリ性のときに増殖が活発になります。一方、善玉菌が増えるのは腸内が酸性のとき。善玉菌は酸性の環境を好むため、酸性であればあるほどますます優勢に。つまり腸内を酸性に保ち、善玉菌が暮らしやすい環境を整えることが、善玉菌を増やしてその働きを後押しすることになるのです。
 
私達が健康でいられるのは、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスを維持しているからです。
逆に、何らかの原因で悪玉菌が増えると、腸内腐敗が促進され、アンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。
これらは、腸管から吸収され、長い間には肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、老化を促進させたり、ガンをはじめとするさまざまな生活習慣病の原因ともなります。
 
この「腸内フローラ」を構成している腸内細菌は、私達の体を多方面から助け、病気にならないように、また、老化を防ぐように働いていることがわかっています。