LINEで送る

yjimage

 

みなさん、こんにちわ。薬剤師・薬膳アドバイザーのNaomiです。

今日は、「立冬」です。みなさん、ご存じでしたか~?

 

日本では、二四節気といって、一年を24の季節に分けて、その季節に応じた暮らし方や食べ物を取り入れる

‟昔ながらの習慣”がありました。

今日は、そんなお話をさせて頂こうと思います。

 


<立冬とは?>

 

まず、立冬は「冬の始まり」をお知らせする季節のこと。朝晩の気温が低くなり、冬の気配が見え隠れする時期です。

「立」には、新しい季節になるという意味があり
「立春」「立夏」「立秋」と同様に、季節の節目です。

毎年11月7日頃および、立冬から小雪の前日までの期間をいいます。

しかし、暦は毎年同じとは限りませんので、多少の前後はあります。

今年(2014年)は本日11月7日と、11月7日~21日までとなります!

まさにタイムリーな投稿(笑)

 


<立冬と食べ物について>

 

中国のことわざに「立冬補冬、補嘴空」(立冬時、栄養を補給)というものがあります。

中国語で「補」は、食物で体調を補うことを指していて、

「この時期にあった、旬のものを食べることが寒い冬を乗り切る方法」ということですね。

(いつもお伝えしていることと変わりないのですが、やっぱり結局はココが大切だな~と思います!)

寒くなる季節に、温かい食べ物で、カラダを温める。お鍋もおいしい季節となりました☆

 

次回は、カラダを温める食材についてお話ししようと思います。

 

お楽しみに^ ^

 

 

LINEで送る