スイカ。

ddf9d5cc59ed49c3c0eed8a2119cee18_w

みなさま、こんばんわ。薬剤師・薬膳アドバイザーのNaomiです。

梅雨真っ盛り~といいたいところですが、今年の梅雨は雨が比較的少ない予報だそうですね。

割と蒸し暑い日が多いのではないでしょうか。

この時期は、胃腸のトラブル(食中毒を始め、消化不良や胃もたれなど)が多く出やすいときです。

また、陽気のせいでしょうか?精神的にもダウン気味な方も多く見受けられます。

身体が重だるく、肩こりに悩む方も多いですよね。

その原因はなぜでしょうか。


【梅雨の雨=水が悪さをしてる?】

人の営みに欠かせないものは何だと思いますか?

それは空気と水。我々のカラダはその70%が水分でできています(赤ちゃんはもっと割合が多く、90%近いです)。

その大切な働きをする「水」なのですが、なんといってもバランスが大事。

水が多くては”むくみ”へと繋がり、少なくては”脱水”として生命を脅かすかもしれません。

この時期は、体に余分な水分が溜まりやすい時期。

むしむしとした暑さでつい、水分を摂りすぎたり、冷たいものを摂ったり。

その割に汗をしっかりかかない・・・そのために、体に余分な水分が蓄積してしまうのです。

と書いているわたしも、日々冷たいものをとってしまっていますが(笑)

それで結果として、体が重だるくなっております(苦笑)。

 

******************************************************

水の巡りが悪くなる→血の巡りが悪くなる→頭痛や肩こりへと繋がる。

簡単に言えば、こんな仕組みです。

また、東洋医学では「気血水」はそれぞれバランスを取りながら相互作用をしていますので、結果的に気の巡りも悪くなってしまいます。

鶏が先か、卵が先か・・・の話になってしまいますが、

この天気のせいで、気の巡りが悪くなり→水の巡りが悪くなり→血の巡りが悪くなる。ともいえますね。

 

そんなわたしも、肩周りの凝りが悪化してきまして、若干胃腸の調子も乱れてしまいました。

で!!わたしの対処方法は以下です♪

①ジョギングなどの運動

②お風呂で汗をかく

 

実は、足も結構むくんでいたので、大股で歩くウォーキングもしてみたのですが、意外にも軽くジョギングで汗をかいた方が、むくみはとれました!

(もちろん、大股で歩くことは鼠蹊部のリンパの流れをよくしてくれますのでお勧めですよ~)

それから、

③あまり食べ過ぎない

この時期は意外と胃腸の力が落ちてきますので、食べ過ぎるとむくんだりします(わたしの場合は顕著にでます^^;)

 

余分な水分を取り除き、そのうえで新鮮な水をこまめに摂取する。そうやって、体の細胞の隅々まで必要な水分が巡る身体を作りましょう!

さて、明日は冨里のスイカマラソンに出場します♪

スイカは利尿作用抜群。K(カリウム)が豊富なのが、その理由でしょう。

余分な水分を取り除きつつ、必要な水分をしっかりキープしてくれます。

マラソンをして熱を持った身体には、冷ます食材としてのスイカはベストコンビというわけです。

ただし、透析をされている方、腎臓の悪い方、Kを上げるようなお薬を飲まれている方などは取りすぎに注意なさってくださいね。

医師にKの摂取を制限されている方はくれぐれも、ご相談の上で^^