春分の日、新しい時代へ。

皆様、おはようございます。薬剤師・薬膳アドバイザーのNaomiです。

昨日は春分の日、でしたね。陰と陽の境目。つまり、昼夜の時間が同じになる「中庸」の日でした。

東京では桜の開花宣言もされました。

新しい時代がはじまるんだなぁ、そんな気持ちになりました。来月には新元号が発表され、まだ先だと思っていた10連休、天皇の交代もあっという間なのだなぁと思うと、

まだまだ冬眠していたい気持ちも、どことなく急かされて「平成も終わるんだから、早く準備しなさい」と言われているような気がしました(笑)

どんな時代になっていくのでしょうかねー。

今朝のニュースで、イチロー選手の引退会見の様子が取り上げられていました。

毎日こつこつ積み重ねていくことの大切さと、

何よりも自分であることを貫いた彼自身の行動とその過程。

結果よりも、自分で考え、悩み、行動し、練習することでしか見られない景色が

イチローにはあったのだと思います。

その境地にいけるのは、毎日の小さな鍛錬を丁寧にしつづけることでしかわからないのかもしれませんね。

同時に、野球を愛し続けたこと・・・とはっきりといえる、その想いに

「あー、時代も終わっていくんだなあ」と思うと同時に、

これから新しい時代を、私たちはどうやって作っていき、自分の思いを行動をどう表現していくか。

これは、わたし自身への決意でもあり、これから何を選び、どう考え、どう感じていくか。

それは自由です。

その自由の中で、自分の責任をもって、自分の知をもって、小さく重ねていきたいと思います。

薬膳がすべてではありません。何でもいいのです、実は。

ご自身の身体に素直になって、自然とともに生きていき、早い流れに身を委ねながら

時には悩み、時には嘆きながらも、たゆたんでいきたいものです。

薬膳がその一つのヒントであれたら幸いです。

さあ、春です。

ウキウキする気持ち、昇りそうな気持ち、はやりそうな気持ちをもちながらも、

地に足をしっかりつけましょう。歩きましょう。大地を踏みしめましょう。

今日も元気に、いってらっしゃい!