栗ごはん。

kuri

みなさん、こんにちわ。薬剤師・薬膳アドバイザーのNaomiです。

色々バタバタしており、投稿が遅くなりまして、申し訳ございません!><

突然暖かくなったかと思えば、突然寒くなったりと、みなさん、体調は大丈夫でしょうか。

 

いよいよ11月も半ば。もう来月になれば「クリスマス」「年末」を意識するのでしょうかね~。

わたしは昨年1年間、充電期間を満喫していたのに、本当にアッという間です。

 

実家に帰ると、母がおかずやご飯を冷凍してくれていて、お弁当にもっていきなさい。と帰りにも持たせてくれます。

今一人暮らしを再開して思うのは、一人分のごはんを作ることがなんと面倒なこと!!(笑)

”季節を感じるごはん” ”薬膳”を提唱しているわたしですが、現実はなかなかうまくいきません。

先日、母が栗ご飯を持たせてくれました。

食べたら、「ああ~秋だな~」って。やっぱり感じるわけです。

そして「おいしいわ~」「しみるわ~」と思うのです。

 

季節のご飯を頂けること。作ってくれる人がいること。

ごちそうさま。ありがとう。

そう思いますね。

 

さて、では栗ご飯の薬膳の効果を、最後にお伝えしますね。

 

○栗:温性(体を温めてくれる食材です)

作用する臓腑:腎

腎は冬に向けて大切な臓腑になります。下半身の冷えなどにもいいですし、老化防止にもいいですよ。

また、ご飯は、気を補ってくれます。

栗ご飯は、秋のパワーフードご飯♪