認知症に音楽が有効?!

先日、都内で「認知症サミット日本後継イベント」が開催されましたね。

その際、総理は、挨拶で次のように述べました。

***************************************************************
我が国では、高齢者の4人に1人が認知症又はその予備群と言われています。このような方々を、支えられる側と考えるだけでなく、御本人に寄り添い、認知症とともにより良く生きていただけるよう支援していくこと、これは安倍内閣の目指す、何度でもチャレンジできる社会であります。できる限り早い段階から医療・介護の専門職がチームとなって支援できる、そのために力を尽くしてまいります。

***************************************************************

超高齢化社会が迫る中、認知症の予防・ケアは早急な課題です。

薬も今は、数種類違った作用のものが発売されるようになりました。飲み薬だけでなく、貼り薬なんかもあります。

けれども、こんな記事をみつけました。

1990

‟音楽で認知症予防!?”なる記事。

https://info.ninchisho.net/archives/1990

もともとは、映画の宣伝記事でしたが、とても興味深いものでした。

 


確かに、認知症は脳の機能障害が原因です。

多くの精神病を患う患者さんに、音楽療法を用いることは、世界的にも割と知られていることです。

とすれば、同じように‟脳”の疾患に、音楽はアリなのでは?!

具体的な証拠は、これから出てくるのかもしれませんが、薬とともに音楽療法。または、音楽で認知症の予防やケアができれば、

それはとても素晴らしいことなのではないかな?と個人的には思っています。

研究が進むといいですね!

 

文責:薬剤師・薬膳アドバイザー片山尚美