ココナッツオイルと認知症

認知症

日本の認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に462万人と推測されており、これが2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されました。

65歳以上の高齢者の実に5人に1人が認知症になるという時代がやってくるようです。

私個人としては、ガンよりなりたくないのが認知症。

ここでは認知症とココナッツオイルとの関係を触れてみたいと思います。

ココナッツオイルが有名になったのは「太らない油」や「健康美容によい油」というのが主な理由ですが、もう1つ、「ココナッツオイルを摂取すると認知症が改善する」ということでも注目を浴びています。

そもそも認知症の原因は?

 

認知症の原因は様々なことが言われていますが、次のことがわかっています。

認知症(アルツハイマー型)は脳が現代人のエネルギーである「糖」を使えない状態なのです。

エネルギーがないので正常に機能しないというとわかりやすいでしょうか。

そのため、「認知症は第3の糖尿病」と言われており、実際に糖尿病患者においては認知症のリスクが2倍になるという調査結果も出ています。

つまり現代人は糖質を摂り過ぎているということです。

エネルギーである糖質を摂り過ぎると病気になる…なんだかおかしいと思いませんか?

ココナッツオイルの摂取と認知症改善

 

薬を使っても進行を止めることしかできない認知症ですが、驚くことにココナッツオイルを摂取するだけで症状が改善するのです。

ココナッツオイルを摂取すると、肝臓で「ケトン体」というものが発生します。

実はこの「ケトン体」、糖の代わりに人間のエネルギーになり得るのです。

もちろんこのエネルギーは脳でも使うことができるので、糖をエネルギーとして使えなくなった認知症患者にも有効なのです。

この「ケトン体」はココナッツオイルの枠を飛び越えて、今後人類にとってとても重要になってくることでしょう。

詳しくはまた別の記事でも書きたいと思います。

ただし、認知症患者にココナッツオイルはとても有効ですが、脳が糖を使えない状態には変わりないので、常にココナッツオイルを摂取しなければなりません。

以上のことから認知症の予防は、

「糖質を摂り過ぎないこと、良質な油を摂ること」です。※DHAやEPAのようなオメガ3系の油も有効です。

「脳の60%は脂質でできている」ということも付け加えておきましょう。

認知症になっても安心して暮らせる環境整備を目指していたり、認知症の保険が販売されるなど、国や企業が「認知症になってからの対策」推し進めていますが、まずは「認知症にならないための対策」も考えてほしいものですね。

国や医者が教えてくれない(知らない?)情報は自らキャッチするしかありません。

自分が認知症にならないためにも若いうちから気をつけることが重要です。